不妊の原因知って対策|男女の不妊治療で子どもを授かる

妊婦

不妊とはどのようなものか

原因は男女半々の割合

カウンセリング

みなさんは妊娠に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。実は子どもを授かることは奇跡的なことであり、特に人間においては地球上の生命の中で最も妊娠しにくい一種と言われています。女性の月経周期で考えてみると、妊娠可能期間はとても短いもので、一カ月の妊娠確率は30%とかなり低いことがわかります。 そしてさらに、最近では不妊に悩む女性も多くなってきているのが現状で、様々な角度からその原因が解明されています。少し前までは、不妊の原因の多くは女性に問題があると思われがちでしたが、男性不妊が原因であるケースも考えられるようになってきました。これらの原因をつきとめるためには、時間や労力が伴うことも多いですが、まずは夫婦同士が協力し合い、不妊の原因を調べることが大きな最初の一歩となるのです。

不妊を解消するためには

まず考えられる原因を調べ女性、男性ともにお互いを支えあうことが大切になります。長期的にもなりがちな不妊治療は体力的にも精神的にも辛く感じる事も多く、そして金銭面においても負担の大きいものです。一般に不妊とは妊娠の意思を持ちながら2年以上避妊なしで性交しても妊娠しない場合の事を言われます。女性側の原因の多くとしては、子宮着床障害、卵管障害、排卵障害などがあげられます。排卵については、排卵日検査薬で調べることが可能です。男性側の原因として挙げられる精管通過障害、精子の異常、勃起不全があります。 これらを調べる不妊検査は女性の方がチェック項目が多いことが一般的で、男性は比較的簡単に済むようです。そして原因を突き止めることができたらお互いにサポートし合いながら不妊を解消し、妊娠しやすい体質を作るために生活習慣も同時に見直してみましょう。大阪や横浜には、不妊治療を専門とする産婦人科があるので、専門知識を持つ婦人科医と相談してみる人も多いです。

排卵日検査薬の使い方

妊婦

排卵日を知ることができる排卵日検査薬というものは、妊娠する準備をする時を中心に人気が高くなっているものです。特に排卵日検査薬は価格も1000円から3000円程度と手ごろになっているために気軽に利用することが出来ます。

詳しくはこちら

男性不妊と思ったら

カウンセリング

妊娠を望んでいるのにできない時は不妊を疑うこと。男女の不妊原因は同じくらいの確率であること。男性不妊には原因が分からない事例がが多い。泌尿器科でも検査、治療をしてもらえる。血流改善などで精子の状態を改善することがある。

詳しくはこちら

大阪で不妊治療を受ける

カップル

女性にとって不妊治療を行うには精神的負担がかかるため、旦那も一緒に診察に行く工夫をすると心の負担が軽くなります。また大阪府では不妊治療に対する補助金制度が導入され、活用することでよりお得に治療を受けることが出来ます。

詳しくはこちら

イチオシサイト